診療時間
坐骨神経痛が気になったら電話予約

Main menu
腰椎変性すべり症に対する体に優しい手術

腰椎変性すべり症に対する体に優しい手術

腰椎変性すべり症に対する体に優しい手術

はじめに
腰椎変性すべり症とは?
(図1:準備中)のように腰椎がずれて椎間孔や脊柱管が狭くなり、神経が刺激されて腰痛・臀部痛・大腿部痛・下腿部痛、しびれが出て、車の運転で座り続けることができない、立ちっぱなしができない、歩き続けると休憩したくなるなどの症状が出る腰の病気です。

後方椎体間固定術(図2:準備中)
従来からの治療法で、腰の後ろの筋肉をはがして骨と靱帯を削り、椎間板をおそうじして椎間板の代わりに骨を詰めた箱(ケージといいます)を入れ、ねじで止めるPLIFという手術です。後方からだけで手術が完結する反面、筋肉をはがすダメージ、椎間関節をつぶすダメージ、神経の圧迫を直接取るのでその際に神経を痛めるリスク、硬膜外静脈叢からの出血のリスク、神経をよけてケージを入れるので小さいケージしか入らないデメリットなどがあります。そして、変性側弯症や後弯変形に対しては整復効果が芳しくない例があります。 現在、当院では主にL5/S1(5番目の腰椎と1番目の仙椎の間)レベルの固定に対してPLIFを施行しています。当院では椎間関節を温存したまま、かつ、片側だけの展開でのMIS-PLIF(最小侵襲PLIF)を施行しています。

前方後方同時固定術
当院ではOLIF(図:準備中)という手術方法をおこなっています。 この方法では、おなかの横から椎間板をおそうじしてケージを入れます。 後方からのPLIFより大きなケージを入れることができます。 後方の椎間関節も温存できた上に大きなケージが入るので安定性もよく、骨癒合までの期間も短縮可能です。 また、大きなケージを入れることで脊柱管も椎間孔も拡がり神経の圧迫が減ります。(間接除圧といいます) 直接神経を触らないので神経損傷のリスクが減ります。 さらには、横から椎間板の周り(繊維輪といいます)をはがすことにより、前後左右のずれを大きく戻すことが可能で変性側弯症や後弯変形に対しても整復効果を期待できます。 なお、後方からネジを挿入固定しますが、筋肉をはがさず固定する経皮的椎弓根スクリュー固定をおこなっています。 ※神経圧迫の程度により後方から直接除圧の追加が必要な場合があります。

内視鏡を用いた前方後方同時固定術
当院ではOLIFをさらに低侵襲化したKyoLIF(図:準備中)をおこなっています。まず、手術前に3D MRI/CT合成画像(図:準備中)を作成し手術のシュミレーションを行います。このシステムは院長がコニカミノルタ メディカルソリューションズ (2017年6月まではパナソニック メディカルソリューションズ)と脊椎手術に応用するべく共同開発してきた独自のシステムです。 手術は薬機法で承認済みの専用器具と経皮的内視鏡を用いて行います。 KyoLIFはわずか2cmの切開で多椎間の前方固定が可能です。また、筋肉へのダメージはほぼありません。世界が注目する手術方法で、外国の脊椎外科専門医からの問い合わせも多数あり、国内外の脊椎専門家が手術見学に来られています。なお、経皮的椎弓根スクリュー固定をおこなう点と神経圧迫の程度により後方から直接除圧の追加が必要な場合がある点はOLIFと同様です。 *KyoLIF発表学会一覧(~現在) (準備中)

腰椎変性すべり症以外の適応:腰椎分離すべり症、腰椎不安定症、腰椎変性側弯症、腰椎後弯変形症、骨粗鬆性椎体骨折に対しても、OLIF, KyoLIFの適応があります。(症例によっては違う手術方法を選択する場合はあります。)